« 桜 | トップページ | 大好きな4人 ^^ »

2006年3月19日 (日)

陰日向に咲く

 外はぽかぽかしています。

 読み終わりました。

昨日買って、さきほど読み終わったところです。

すらすら進んで、一気に読んでしまいました。

劇団ひとり  『陰日向に咲く』 

hitori 今、窓から外を見渡すと

太陽がぽかぽかしていて

ちょうど読み終わったこの気持ちと同じで

なんかいい感じです。

話題になっているという劇団ひとり処女小説。

本当に話題になっているのかなぁ。

私の周りでは分からない人も結構いるみたいです。

密かに話題になっているのね。

この前、職場で本好きの人に 

この人だったら絶対分かるだろうなぁ!と思って

この本の話をしたら

劇団ひとりが本を出したことも、

その彼女は全く知らなかったらしくて

分かる~ 本出したんだよね。買うのぉ?今度読んだら貸して~

まで勝手に展開を想像していた私は、

一気に肩透かしをくらった気がして 

その後若干 むなしかったです。

 

 そんな出来事にもめげず、絶対買うぞと心に決め、

そして昨日やっと手に入れました。

給料日来て、まず最初の出費がこれになりましたね。

hitori 読んだ後、この表紙を改めて

見て そしてこのタイトル

  いいね~ (  ̄_J ̄)

カヴァーを外してもなかなか良い感じです。

衝撃的とかいうより、なんだかほんわか

温かくなれるそんな感じでした。

著者紹介の彼の写真もなかなか素敵じゃないでしょうか。

紹介文に必ず

父の仕事の関係で幼少期をアラスカで過ごす」って

書かれているけど。。

 かっこいいですね (笑) これ、おいしいな 。

書き下ろしで原稿用紙307枚分。単純にすごいなぁ。

私は作文 苦手でしたから。

最後ネタ不足になったら、同じようなこと書いて

必死に原稿用紙を埋めていたような感じ(笑) 

漢字で書くとこをひらがなで書いたりもしていたような。

文章書くの苦手ですからね~。(-_-) そして表現力がない。

 

 ところで、読んでいておもしろい、なかなかいい!と

口にしていると ふと妹に言われたのが、

「劇団ひとりだから面白く感じるんでしょ」と。

確かに読む前に劇団ひとりが書いているという時点で

これはおもしろいだろうなぁという期待があって

例えまぁまぁだったとしても買って損したとは

思わないだろうとかってなぜか思ってました。

てか思わないようにしようって思ってた!?

読んでいる最中もなんか知らんけど 彼が一生懸命

書いている姿(パソコンかたかたと)思い浮かんでくるんです(笑)

髪の毛くしゃくしゃしながら。 勝手な想像です(笑)

それとともに、読んでいると、物語の主人公達、風景までもが

頭の中に自然に浮かんできて この本の世界が

頭の中で広がっていました。

一つ一つが短編で別々の物語でありながら

それが自然に繋がっていて、そこにはやられましたね。

『道草』のモーゼにしろ、『拝啓、僕のアイドル様』の主人公にしろ

世間的にはだめ人間と呼ばれるんだろうけれど、

妙にそれを見守ってやりたくなるというか。

なんだかほっとするというか。

 また書いて欲しいですね。上手いですね~

笑える部分もあるのがよかった。面白かったです。

gekihito

|

« 桜 | トップページ | 大好きな4人 ^^ »

コメント

こんにちは!先日はトラバどうもでしたー!わたしからも後ほどさせていただきますね☆

すみません!取り急ぎうれしいニュースが!
ソースは↓です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060320-00000021-spn-ent

まさにあずささんのためにあるような番組!笑
・・・と思って思わずコメントしちゃいました。

記事と関係ない話でごめんなさい。
またゆっくりおじゃましますね☆

投稿: キョーコ | 2006年3月20日 (月) 11:56

アラスカで本好きと、かっこいいで衝撃などしていた
物語とか、物語などを出費したかった。


投稿: BlogPetのけだま | 2006年3月20日 (月) 14:59

キョーコさん、その嬉しいニュース
さっそく 記事に致しました\(-o-)/
本当に私にとってかなりおいしいですね(笑)
でもここで放送されないと思うんですよね(悲
どうなんだろうなぁ(-_-)

 お忙しい中、コメント感謝でしたぁ^^*

投稿: あずさ | 2006年3月20日 (月) 22:56

こんばんは。トラックバックありがとうございました♪
私は仕事の昼休み中(←静か)にこの本を世読んでいたのですが、
「拝啓、ぼくのアイドル様」では面白すぎて噴き出しそうになりました。。
あぶなかった。。
次回作にもぜひぜひ期待ですね!

投稿: しのこ | 2006年3月27日 (月) 22:51

しのこさん>コメント残して頂き、ありがとうございます♪
 昼休み中はなかなかやばそうですね(笑)
私も読みながらニヤニヤしてしまいました^^
「拝啓 僕のアイドル様」はいいですよね~
ドロ子でふりむキッス♪
 最後ああくるとは やられたっと思いました。

 次回作もぜひ出して欲しいですね~
でもやっぱ構想とか時間かかるのかなぁ
もし次も出したら絶対読もうっ^^

投稿: あずさ | 2006年3月28日 (火) 20:34

はじめまして。TBありがとうございました。
トラバ返しして、コメント書いて…と思ったんですが、眠くて寝てしまいました(^_^;
それにしても、処女作とは思えないほどウマイし面白いですよね。
ついつい次回作に期待してしまいます。

投稿: こばけん | 2006年4月 3日 (月) 15:10

 こばけんさん、来て頂きありがとうございますm(__)m
最初はおび買いだったんですね(・ω・)
私はもともと彼が好きだったので、手にしたのですが
すらすらと一気に読んでしまいました。
私はああやって繋がっている物語だとは
知らなかったので、読んだ時はいろんな箇所で
うおっ、やられたっ!て感じでしたね。
次回作を書くかどうかはamazonのランキングを見て決めると
語っていますが、今の状況だとまた書くってことになりそうですね
(o^-’)b

 

投稿: あずさ | 2006年4月 4日 (火) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰日向に咲く:

» 陰日向に咲く [ayaxgogo]
劇団ひとりの『陰日向に咲く』を読み終えました。発売されて結構すぐに買ったものの、あまり読み始める気にならず、後回しになってましたが、最近、話題になっているみたいなので、ちょっと重かった腰を上げてみたわけです。結論から言うと意外と面白かったです。構成は奥...... [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 19:38

» 陰日向に咲く [みーよろぐ]
陰日向に咲く 劇団ひとり なんとなく面白そうだったので、 衝動買いして読んでしまいました[:嬉しい:] 内容は短編集なのですが、 その話の登場人物が、全部微妙につながってる・・ という構成です。 感想は・・面白かったです(笑) 笑わせる部分と、ほろりとくる部分があるのですが、 私は笑わせる部分をお勧めします。 さすがは芸人さん! 「拝啓、僕のアイドル様」では 仕事の昼休みに読んでて、爆笑しそうになるのを 必死で抑えてました。。... [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 22:52

» 劇団ひとり 処女小説「陰日向に咲く」映像化権 争奪戦 [話題のナレッジベース]
バラエティー番組などで活躍中の劇団ひとり(29)の処女小説「陰日向に咲く」の映像化権をめぐって争奪戦が行われている。   ... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 17:08

» 小説『陰日向に咲く』(劇団ひとり 著)を読みました [Father's Garage ブログ]
 劇団ひとりの小説『陰日向に咲く』を読みました。。。  好き嫌いがはっきりしそうな内容でしたが、ちばりおパパにとっては大変面白い内容でした。  映像化権をめぐって争奪戦が行われていることが納得できます。映像化するともっとよくなりそうな気がします。(監督によりますが)  劇団ひとりの意外な才能にちょっと驚きです。。。 <劇団ひとり処女小説 争奪戦激化>  バラエティー番組などで活躍中の劇団ひとり(29)の処女小説「陰日向に咲く」の映像化権をめぐって争奪戦が行われていることが分... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 18:06

» 【読んだ本】陰日向に咲く/劇団ひとり [こばけんdays]
新刊本のオビって大事ですね。 今回つくづく感じました。 恩田陸さんが書いてなきゃ買ってないもの。 「ビギナーズラックにしては上手すぎる。  あと2作は書いてもらわなきゃ。」だって。 そりゃ、買うよ。 エッセイとかだったら絶対買わないけど、 小説なんだよね。これが。 でもって、読んでみたらほんとに上手いんだもん。... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 00:08

» 劇団ひとり「陰日向に咲く」 [わかりやすさとストーリー]
それぞれのエピソードが互いに時間と場所とで巧妙にリンクする緻密で計算された作りは巧く、村上龍の小説「ライン」を彷彿とさせる。劇団ひとりの物語る力は折り紙付きで、その舞台が「小説」へ移っただけのことだとわかれば、その「巧さ」も十分に納得できるはずだ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 18:58

» 劇団ひとり 『陰日向に咲く』 …世間の裏街道に生きる人々 [: : FLMAX Cafe : :]
「劇団ひとり」って名前、ほんとうにうまく命名したな、と改めて感心する。この人、「お笑い」というよりは、やはり「劇団ひとり」なのだ。「コメディアン」というよりは「役者」なのだ。彼のひとり芝居で私も幾度となく笑かせてもらってきたが、常にその芝居における表現力の鋭さにも独特の感性が光っているのが見える。本書はその劇団ひとりの処女作にして傑作。この全ての登場人物に劇団ひとりがなりきって、演じきっている。彼の芸にも通じるところが大いにあった。彼はほんとうに役者だと思った。文章力についても今回申し分なかったから... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 21:42

« 桜 | トップページ | 大好きな4人 ^^ »