« ハチクロ | トップページ | 平成風俗を聴く »

2007年4月 6日 (金)

1リットルの涙SP

 昨日、ドラマ『1リットルの涙SP』を見ました。

私、見たことなかったんです、このドラマ。

でもってこのドラマの主題歌がレミオロメンの粉雪で・・

ていうのがはっきり分かったのも昨日でした。

おそっ。(笑)・・

 さらについこの間僕らの音楽にレミオロメンが出ていて

それで初めてちゃんとこのドラマの挿入歌にもなっている

3月9日』を聴いたのですが、この歌 良いね~♪(*´∀`)

これまた遅い反応ですが(笑)

この3月9日、隠れた!?名曲だというのは

知っていたものの、この前僕らの音楽で聴いて

それからすごく好きになって

録画していたのを何回も見ていたんです。

そこからドラマ『1リットルの涙』の方も気になりだして、

某所でちらほら動画を見ていたりしていた矢先に

今回SPで放送があって、タイミングがいいなーと思いましたね^^

 で、肝心のドラマですが、、、

号泣しちゃいました~(>_<)

そもそも最近の私はめっちゃ涙腺が弱いのですが。

 てか錦戸 かっこいいねー、ほんとにあんな男子いるのかねー

沢尻エリカちゃんも演技派女優と言われているのが

今更ですが実感できたりしました。

そしてやっぱりレミオロメンの曲がさらにこのドラマを

盛り上げてて感動★

 3月9日は友人の結婚式の門でのために作った曲だそうで。

歌詞がいいですのぉ♪素敵★

|
|

« ハチクロ | トップページ | 平成風俗を聴く »

コメント

レミオロメンの「粉雪」と聞くと
どうしてもタカアンドトシのタカさんが=w=;
マイク両手で握り締めて、力いっぱい歌い上げる姿が。。。


「3月9日」もスキです、というか最近レミオロメンもスキかな♪
「茜空」やったっけ、新しいの、これもエェねぇ☆
あー早くツタヤ、半額セールせんかな; ̄∀ ̄)
金欠ばんざーい…

投稿: かが | 2007年4月 7日 (土) 22:08

このテレビドラマはずっと見てました。泣けました。

こんどの特番のは録画したまままだ見てないので楽しみです。

投稿: Silver | 2007年4月 8日 (日) 00:05

かがさん>粉雪、その印象私もかなり強いものに
なってます(笑)
でもあの緊張してマイク両手に持って精一杯歌っているのって
彼の作戦だったんですよね(笑)雨トークで言ってました。
完璧その作戦にはめられましたよ(笑)

「3月9日」今更ちゃんと聴いてすごい好きになりました。
今日も気づいたら口づさんでいることが何回かありました。
レミオロメン、いいもんですねぇ(*^。^*)
「茜空」この春の新しい旅立ちの時に勇気をもらえる歌ですね。
 

 Silverさん>ずっと見てたんですねー
私見たことなかったもので^^; SPでは昔の映像多くて
初めて見る私も引き込まれて号泣でしたぁ。
すごい反響で今回のSP放送だったみたいですね。
レミオロメンがこれまた素敵★

投稿: あずさ | 2007年4月 8日 (日) 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114915/14581938

この記事へのトラックバック一覧です: 1リットルの涙SP:

» "PickOut"が選ぶ、泣ける1冊!! [インターネットでショッピング"PickOut"]
"PickOut"トップページへ泣ける1冊!!お手本なしの人生―『1リットルの涙』亜也の詩木藤 亜也 木藤 潮香 大活字 2007-01売り上げランキング : 303657Amazonで詳しく見る by G-Tools不治の病と闘った少女・亜也さんの感動実話生きる意味を探し続けた彼女のノートから母・潮香さんが選んだ「伝えたい言葉」を新たに編纂した1�... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 12:14

» 1リットルの涙 [映画や本を淡々と語る]
木藤亜矢(大西麻恵)は中学3年のとき、脊髄小脳変性症という全身が次第にマヒしていくという治療法のない難病に侵されながらも高校に入学。しかし日に日に病状は悪化し、やがて養護学校へ転入することになる…。病魔に侵され、 25歳でこの世を去った木藤亜矢が21歳まで書き綴った日記をもとに描かれるヒューマン映画。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 12:25

» こなああああああゆきいいいいいいい [J-POP]
src= [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 20:15

« ハチクロ | トップページ | 平成風俗を聴く »